クレジットカードカードローンと消費者金融の違いとは?

クレジットカードカードローンと消費者金融の違いですが、その会社が何をメインとしているかを考えれば見えてきます。
クレジットカード会社は、あくまでもメインはショッピングに利用するお金を一時的に立て替えることを目的としています。もちろんお金を一時的に立て替えることは一時的にせよお金を貸していることと同じですから、申込者の信用情報の審査は行われますが、その結果として得られたその人の限度額の大半はショッピング枠に振り向けられます。カードローン枠は少ない金額に抑えられるのが普通です。つまり、お金に困っていてお金を貸して欲しいと思っている人を対象にしているわけではなくて、クレジットカードで買い物をすることの利便性、多額の現金を持ち歩かなくて済むとか、スマートに決済できるとか、あるいはポイントが付くなどのメリットを得たい人を対象としており、カードローンはいわば付属品のようなものなのです。ですから限度額も少なめに設定されています。
一方で消費者金融が対象としている人は全く異なります。こちらはショッピングに限った話ではなく、ありとあらゆる生活上のシーンにおいてお金に困っており、お金を貸して欲しいと思っている人を対象にしています。ですから、審査の結果としての限度額は当然ながらすべて現金のカードローンに利用することができます。一般的には限度額は高額になります。一方で、金利面では、同じような金額であれば同程度になっていることが多いです。
カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエルはこちら